前へ
次へ

結婚相談をするのは余りものの人たちなのか

30歳代で同窓会をするときには結婚をしている人たちと未婚の人たちとで優劣の差ができるときがあります。
かつては30歳までに結婚する人が多かったので30代ならほとんどの人が結婚をしていました。
でも晩婚化が進み30代でもまだ結婚をしていない人や予定もない人がいます。
ただ結婚をしている人からするとしていない人に対して勝ち組との意識があり、逆に未婚の人は負け組の意識があるかもしれません。
未婚の人の中には余りもの意識を持っている人もいます。
結婚をしたいときに利用すると良いのが結婚相談所で、人によっては利用するのにためらいを持つ人もいるでしょう。
それは結婚相談所を利用する人は自分と同じような余りものの人たちのような気がするからです。
中々異性に相手にされないような人がいて、登録してもいい人を見つけるのが大変なのではないかと考えるかもしれませんが実際は大きく異なります。
確かに結婚が出来なくて苦しんでいる人もいますが、相談所を利用しなくても結婚できそうな人もたくさん登録しています。

Page Top